フォト
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月 4日 (月)

衣替え

6月に入り子供たちの制服が夏服に衣替え。


今年中学生になったなつどりの制服はセーラー服。
中・高と制服がブレザーだった私は、一度もセーラー服を着たことがない。
昔はセーラー服に憧れたこともあったけど、子供の制服を見ていると、なんと融通の利かない服なんだろうと思う。

冬服のセーラーって、ブレザーと同義的なものなんだと思う。
なのに、ブレザーの場合授業中など暑ければ脱ぐこともできるけど、セーラーの場合はそれができない。

真冬にはブレザーの下にセーターなど着るけど、セーラーはどうするんでしょう?
よくドラマとかでセーラー服の上にセーター羽織ってたりするけど、うちの子のはずいぶん大きいし、なにしろ生地がブレザーのように分厚い。
これの上にセーターを羽織るって、ちょっと想像がつかないのです。
だけど、下に着るにはもこもこしすぎそうだし。。。


で、6月に入って夏服になったわけなのですが、夏服のセーラーは半そでのシャツ1枚って感じ。
梅雨時に入って肌寒い日もあると思うのだけど、ブレザーなら夏服の上に羽織って登校することもできるけど、夏セーラーの上に冬セーラーを羽織るなんてありえない話で、みんなどうしてるんだろうと疑問に思うのです。

ネットで調べてみると、セーラー服って夏は暑くて冬は寒いものだという意見が多いようで。
確かに見てるとそう思います。
融通も利かないし、こんなものを制服にしちゃうってどうなんだろう?とまで考えてしまいます。

Image20180521_135903 僕は一年中着替えないよ

2018年6月 3日 (日)

ホイホイホイ♪

本当はこの週末は戸隠に行く予定だったのです。
なのになつどりの部活の関係で出かけることができなくなってしまい、仕方ないので先週会えなかったサンコウチョウのリベンジです。

いつものポイントで椅子に座ってまったり。
木陰をふく風はとても心地よく、キビタキやホトトギスの声が彩を添えてくれます。

聞こえてくるのはキビタキ、ホトトギス、ホオジロ、キジ、ヒヨドリ、メジロ、カラ類、コゲラ…
お目当てのホイホイはなかなか聞こえず、半ばあきらめモードになったころ、やっと一声「ホイホイホイ♪」

でもその一声でぱったり。
またしばらくしてから、今度はもう少し近くで「ホイホイホイ」
目を凝らして探していると、森の奥の方でひらひら飛ぶ姿を発見

しかし、遠いです。
さらに一瞬姿を見せて、すぐにどこかへ飛んで行ってしまいました。

その後はまたぱったりと、姿どころか声も全然聞こえてきません。
いったん諦め少し散策に。
やはり反対側の森でもサンコウチョウの姿は見えず、もう一度いつもの場所に戻って椅子に腰かけ、まったりと森を楽しみます。

今度は何の前触れもなく、森の中をひらひら飛ぶ姿を発見
こっちに向かって飛んできてくれます。

やりました
Dsc_2381

そういえば、ここでは男の子しか見たことがありません。
女の子はどこに居るんだろう?
次は仲睦まじいご夫婦とかにお目にかかりたいものです。

2018年6月 1日 (金)

山椒は小粒でぴりりと辛い

わが家はみんな山椒が大好物。

山歩きのときに見つけたら、みんな大喜び

うちの近所には山椒の木がけっこう生えている。
そのせいか、サンショウクイもたくさん飛んでいます。

Dsc_5209
※ウソです。サンショウクイと山椒は関係ありません

山椒の木は見つけても、実が付いているものはなかなか見つかりません。
山椒は雌雄異株なのでそもそも雄の木には実が付かないし、通り道そばに生えているのはまだまだ幼木だったりすることが多いのです。

が、見つけました!
それも家のすぐそば。
ちょこちょこ通っているのに、今まで全く気が付かなかったのです。

どうもこないだの強風で上に生えていた杉が倒れてきて、山椒を押し倒して枝が道の方に倒れこんできたようです。

いい感じに実が膨らんでいたので、さっそく収穫してきました

Img_20180529_064900
ほんのちょっとしか生ってなかったのでこれっぽちですが、醤油漬けにしてみました。
家族で分け合っていただきましたが、めっちゃ美味しかったです~

すでにうちには3本の山椒の木がありますが、まだまだ幼木で雄か雌かもわかりません。
そこで、この山椒の枝を少しいただいてきました。
挿し木で増やせないかと、ぱんたさんが挑戦中です。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »